ドッキング美用

トップページ > 家庭用脱毛器LAVIEは、IPL脱毛方式です。
ページの先頭へ

家庭用脱毛器LAVIEは、IPL脱毛方式です。

家庭用脱毛器LAVIEは、IPL脱毛方式です。

IPL光というのは、シミやそばかすなど肌のメラニン色素に作用するため、以前からフェイシャルエステなどで使用されていました。出力を7段階で調整できるので、刺激に弱い部位にも使いやすいと評判です。
専用のカートリッジを取り付けることでフェイシャルエステ器としても使えます。こんな価格帯なのに(実売3万円台)、憧れのすべすべ肌が得られると好評です。全体満足度が高いのは、費用対効果が高いということなのでしょう。



購入候補として検討してみる価値は、かなりあるのではないでしょうか。


脱毛サロンで処理してもらわなくてもラヴィなら家庭で手軽にデリケートゾーンの脱毛ができるこの製品は、自分のペースにあわせて脱毛できるうえ、レビューを見ても、毛の濃い方では特に効果が実感できるようです。

途中で脱毛エステをやめたくなったら、違約金や解約損料などのいわゆる解約料を清算しなければなりません。金額の上限は法律によって決められていますが、このペナルティー料金の計算方法は、現在通っている脱毛エステ店に、聞いておくことが必要です。
問題が発生した場合のために、契約する前に、契約期間中のキャンセルについても確認することをお勧めします。
ムダ毛が気になってきたなあと思ったときには、自分で処理をする人が殆どではないでしょうか。
近頃は、自宅で手軽に使える家庭用の脱毛器もよく売られているのをみかけますので、別に医療用脱毛やエステでの処理は必要ないと感じてしまうかもしれません。


しかし、自分で脱毛や除毛をすると仕上がりの綺麗さでは負けますし、脱毛を頻繁にしなければいけないので、肌の負担が大きいので、よく肌の状態を見ておきましょう。
脱毛した後が大切です。
しっかりと脱毛した箇所を保湿します。
脱毛後、周りの肌はかさつきが起きやすくなります。様々なトラブルを起こさないよう、乾燥を防ぐために日常の保湿ケアよりも、入念に保湿してください。



それに、脱毛箇所と、その周りには紫外線が当たらないようにしてください。


脱毛したところは雑菌感染を避けてください。温泉や岩盤浴など、落ち着くまでは行かないでください。



非常に残念なことですが、脱毛サロンで脱毛の施術をしてもらった人の中には火傷をしたかなと思えるような皮膚の変化があらわれる人もいるでしょう。冷やすことによってほとんどはすぐに治りますが、症状が持続して改善が見られずに心配な時は施術を受けた脱毛サロンに連絡したうえで、勧められた病院へ行き、診察してもらってください。


医師の指示通りに治療を受けたほうがいいでしょう。病院で診察治療が必要となった場合にかかる費用は当然、あなたが利用した脱毛サロンが負担してくれます。
脱毛サロンで全身の脱毛を受けた際に、全身の脱毛が済むまでの施術回数と実施期間はどのくらいになるのでしょう。脱毛を受ける人ごとに体質や毛質が異なるものであるため、脱毛に必要な月日には個人によって違いが生じます。

ただ、常識的な全身脱毛では2〜3年の間で合計12〜18回ほどの回数が一般的な平均値です。一般に、脱毛を専門にするサロンのお値段は高いものから安いものまでありますが信じられないほど安い場合にはなぜそんなに安いのか聞いた方が失敗しなくてすむかもしれません。チラシやCMの費用を少なくしているとか、実は脱毛機器メーカーがやっているお店だとか、自分で納得できればすっきりしますよね。でも、そういう理由がないのに料金がやすい脱毛サロンは損をした気分になるような脱毛結果になったり、脱毛したいのに予約ができないとかがあるかもしれません。脱毛サロンと脱毛クリニック、どちらで脱毛したらいいか悩む人もいるかもしれません。この二つの違いというのは、大まかですが施術に使う機器の出力に大きな違いがあります。医療脱毛は脱毛クリニックでしか受けられず、脱毛サロンより強い機器を使って施術を行うため、痛みが強くなる反面、優れた脱毛効果を得られることになります。また、医療脱毛は医師の監督下でしか施術が行われることになっており、クリニックならではの特徴ですね。

イスラエルで開発されたセンスエピシリーズは、世界中で180万台以上の出荷台数を誇る家庭用のフラッシュ式脱毛器です。1度購入すれば50000回照射可能で、ヘッドカートリッジを交換しなくて済むのであとから費用がかかりません。照射レベルを5段階で調整できて、セーフティ機能(肌色センサー)も搭載してダメージを回避。フェイシャル脱毛にも安心して使用することができます。
センスエピシリーズは製品ごとに形が違いますが手の小さな方でも握りやすい形状と軽さが特徴です。
どれも取り回しがラクで、位置を選ばず脱毛しやすいと言われています。

ただ、口周りなど細かい部分への照射も考慮された製品のため、照射面積が小さく、大きめヘッドの脱毛器と比べると、広い範囲の処理は時間をかけなければなりません。



いちばん小さなセンスエピGは1万円台と、価格帯としては低いほうの部類ですので、用途を限っていえばそれなりの評価が得られる製品だと言えるでしょう。施術に使用される機器ですが、脱毛エステのお店で使われている機器は、市販され、入手が簡単な家庭用の脱毛マシーンよりもかなり強い光をあてることできるのです。


それにくわえて照射範囲が広いため、より短い時間で脱毛を終わらせることができるのです。ただ、医療系の脱毛クリニックで使用される機器と比べるとパワーが弱いために、永久脱毛はできないというわけです。その代わりに、痛みに関していえば比較的楽に感じるレベルで、肌の受けるダメージが少なくなるという嬉しい点もあります。
Copyright (c) 2014 ドッキング美用 All rights reserved.